LSP(ラブスピース)イベント

2008年04月20日

できごと

日々起きる出来事。

何気ないできごと、ちょっとしたこと、インパクトのあるできごと全部ひっくるめてメッセージだな〜と最近特に思うことが多い。

たとえば、ある動画サイトで「怨念史」という言葉が気になった。
今までならばこの手のものは、まず見ない。
自ら進んで重いものに手を出すことはしないのだが気になり見てみることにしたが、実際に動画を見てみたらそういった類のものではなく、童謡の隠された意味的な話だった。
動画の中では、「闇」の部分とされているが、表現を変えれば裏ともいえよう。

すべてのものには、表に見えている意味とその奥に意図的に隠され意味があるのでは?と改めて考えさせられた。
これは、シンボルリーディングを以前より自然にするようになってようやく気づけたかも知れない。今更かよ〜^^;と自分に苦笑いなのだが、卑下とかではなく自分で納得できたことがうれしい。

知識として頭の中に入っていることは多い。だが、自分自身が本当に理解していることは、まだまだ少ない気がする。
少しづつでも本当の理解をしていきたいと思う。
今まで体験してきたこと、これから体験すること全部ひっくるめて楽しんでいこう、理解していこうと改めて思った。




posted by モクリン at 18:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

読書

最近になって『神との対話』を読み始めた。
手に入れてから1年以上がたっていた。ようやく読める準備が私にもできたってことか〜

読んでいて思うことは、以前より素直に本を読んでいるということ。
懐疑心があるわけでもなく、だからといってすべてを鵜呑みにしているわけでもない。不思議な感覚。

今の私自身のことに対して私自身に問うことも増えた。
前ほど自己嫌悪もしなくなった。

自分自身がどう感じるのかということの大切さも実感している。


最近特に思うのは良い悪いの判断は、自分自身が今まですごしてきた中で身に着けてきた判断であって全ての物事の判断ができるものではないということ。

私自身が良い悪いの判断をしているときって、自分自身に対しての利益を第一に考えているときなのではないかと思った。

主張するゆがんだ心の顕在意識と譲ることをしない外の顕在意識。

そんな感じ・・・なんだかうまく言葉が見つからない。
本当の内なる自分の声にもっともっと耳を傾けよう。

ちゃんと耳を傾け本当の自分でいるときは、全てが満たされていると知っているから。もっともっと知りたいから。


次はヒマラヤ聖者の生活探求を読むとしよう〜笑







posted by モクリン at 20:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

行動の目的

エネルギーを得るための行動・・・

エネルギーを得るのが目的だと正直楽しくない。
得たエネルギーで何をするか?の目的が必要。

エネルギーをどう使うか?の方がよっぽど大切だ。

不足しているという思いの呪縛ってすごいな〜;
posted by モクリン at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

目を覚ますどころか・・・汗

目を覚ますどころか永い眠りに入ってしまって・・・(^_^;)

自分でも何やってんだかわからなくなり、そのままズルズル。
自らダークサイドにダイブしてしっかり飲み込んでもらいました・・
なんてことだ〜目を覚ませ!モクリ〜ン!

手放しては掴み直し、見方を変えては手を放し、斜に構えてためらって、何とかいろんな角度から見ようとがんばってきた・・やっぱりつもりでしかなかった。

いろんな角度から見ているという錯覚。
頭の角度を変えてるだけ、目線が変わっただけで、実際には見るものの後ろ側に回ったり、回して見たりはしていない。

素直に行こうぜ。肩の力抜いて。わーい(嬉しい顔)

長いあいだ蕾だった我が家のカランコエにようやく花が咲いた。
ひとつ、また一つと花が咲いている。

しばらくの間、元気が無く、成長がないように見えたから、固形の肥料を与えてみたり、お日様に当ててみたり。
いろいろしている自分に対しても同じことが必要だと思ってみたり・・・

心にも栄養が必要で、光が必要だということ改めて実感した。

サボテンを枯らした私がここまで植物を育てられてることがすごい。
やっぱり愛だよ愛〜。笑 私のあふれる愛情だよ〜(と書いてみるも恥かしい:)


愛。素直。想い。大切。

また少し自分を好きになれた。
ありがとう。






posted by モクリン at 22:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

バランス

すべてに始まりがあって、終わりがあると思ってた。

実際は、始まりも終わりもなかった。
すべては続いていて、選択によって変化している。
すべてはつながっていて、終わりなどない。

ただ、或る。
それだけ。


すべてはじぶんの選択。

だまされたとか、あの人が言ったからとか、どうでもいいことで、すべては自分が選択した結果に過ぎない。

「プラダを着た悪魔」の主人公アンディーの口癖が「仕方がなかった」という言葉。

すべての出来事は自分の選択なのだが、アンディーは自分の選択だということ認めない。

パリ行きを告げられたことをエミリーに話すときも「仕方がなかった」「ミランダに言われたから」自分の選択ではないと言い、パリ行きの前に恋人との別れがあるが、ここでも「仕方がなかった」といい自分の選択だと認めろと言われている。

自分自身の選択を自分自身で否定している。
こんなことしていたらうまくいくわけがない。
流れに反してるし、自分自身を傷つけている。苦しくなるばかりだ。


自分自身との調和。

愛の選択をしていて、調和が乱れることがあるのだろうか?
霊的成長をしていくと3次元的生活が難しくなってくる。
当たり前のことだと思う。

なぜなら、3次元は自我の、我欲の愛に満ちているから。

だからといって、調和を図れないということにはならないと思う。
すべてはバランスで成り立っている。

3次元的な世界とのかかわり方でバランスをとっているのではないかと思う。

蓮ちゃんを見ていて思う。
3次元的な生活は大変だろうと。
しかし、3次元との調和を乱すことはしていないように思う。
しっかりとバランスとっているように思う。



posted by モクリン at 23:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気分も新たに

気分を新たに、いっちょいきますか^^

甘ったれるな!もくりん!笑

ずいぶん幻想を堪能したけど、


<結論>

幻想に際限なし。
いつまでたってもうんざりしない。
正直これにうんざりした。

いつまでたってもキリがない。笑






posted by モクリン at 21:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほんとうのじぶんって?

ほんとうのじぶんって何だろうと思う。

でも、今までの自分が本当の自分だとも思えない。
何かを偽っている。自分をごまかしている。
そのことはわかる。ただ、あまりにも多くのことを自分に対してごまかし続けてきたから、何が本当なのかもわからなくなっているっていうのが正直なところだと思ってた。

実際はわからないんじゃなくて、わかりたくないというのがほんとのところ。
本当の意味で現実に目を向けていない。
現実に目を向けられない。
真実を知るのが怖いから。
変わってしまう自分が怖いから。

変わっている自分を認めたくない。
不安だから。

人は、常に、一人であり、大勢でもある。
決して一人ではないし、一人でしかない。
矛盾しているようで。何の矛盾もない。

すべては同じものからできている。
posted by モクリン at 19:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。